読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君のカラメル的愛情論

アラサージャニヲタが新米ママになりました。

妊娠初期①〜入院生活開始

「悪阻(おそ)」による入院生活が始まった。対策はひたすら点滴。1日4本の点滴を打つ。毎日、尿の回数と量をきっちり記入。食事の支度はしなくていいし、管理されている食事メニューなので、こへさん的には入院していてくれた方が安心だったらしい。

 

私が入院した部屋は3人部屋で、真ん中だった。両脇には30週を超えた、切迫早産の妊婦さん達がいたのだが、これがまた考えものだった…。

 

悪阻患者とそれ以外の妊婦では、当たり前だが食事メニューが違う。私の場合は、とにかく食べられそうなもの、フルーツなどを中心とした量も少なく軽いメニュー。(それでも完食はなかなか難しかった)

しかし両脇の妊婦は、普通の食事なのだ。この頃、吐きづわりに加えて、においづわりも始まっていた私にとっては地獄だった…。

とにかく食事の時間になっては吐く。隣の妊婦の食事のにおいで吐く。しまいには、食事のワゴンが近づいてきただけで吐く。

人が食事をとっているのに、カーテン一枚隔てた向こうで吐いている。勿論、嗚咽の声だって聞こえているだろう。しかも1日に何回も。申し訳なくて仕方なかった。しかし、申し訳ないと思う余裕すらない。自分の目の前のことでいっぱいいっぱいだった。

この辺り、病院側もちょっと配慮して頂きたかった。何も、悪阻患者ともうすぐ出産の妊婦を同室にしなくても。

2週間ほど経ってから、同室全員が悪阻患者の部屋に移動させてもらったのだが。

 

においづわりは食事のにおいだけでなく、病院のシャワー室のにおい、トイレの消毒剤のにおい、歯磨き粉のにおい、義母がお見舞いに持ってきてくれたお花のにおい、自分の化粧品のにおい、これまた幅広い範囲で私を苦しめた。

 

毎日泣きながら吐いた。

妊娠は病気ではない。だから治療法なんてない。1日が過ぎるのをただひたすらに待った。時間がただ一つの薬だった。

少しでもつわりの症状が良くなる術はないかと、スマホで検索しまくった。妊娠中は画面酔いも酷かったが、藁にも縋る思いだった。ツイッターで「つわり しんどい」などと検索しては、自分と同じ状況で戦っている妊婦さんのツイートを見て鼓舞していた。

 

ちなみに、私がつわり中(初期)に好んで食べられたものといえば

・アイス(特にパピコ)

・スイカ

・しそおにぎり(小)

チキンラーメンのスナック

・氷

など。意外と濃い味のものがイケた。つわり期間中は、食の好みが常に変化していて、昨日までスムーズに食べられていたものでも、今日は急に食べられなくなるということが頻繁にあった。カットパインなどはつわりの症状が出始めた頃、寧ろそれしか食べられなかったのだが、入院して1週間もすると食べられなくなってしまった。つわり中はマックのポテトがよく好まれるというが、私はそこまで欲することはなく、食べてはみたけど脂っこくて途中で嫌になってしまった。

 

基本的になんでも吐いてしまっていたが、これを食べたら絶対に吐いてしまうというものが

・味噌汁

・ミンチ系肉類(シューマイ、ミートボール、ソーセージ等含む)

・ヨーグルト

・火の通っていないピーマン(加熱済ならOK)

などなど。これらは100%戻してしまうやつら。日によって何が受け付けなくなるか分からないので、食事はちょっとしたギャンブルだった。