読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君のカラメル的愛情論

アラサージャニヲタが新米ママになりました。

妊娠中期の出血

22週目。

特に激しい運動もせず、ほぼ寝てる時間の方が多く、家事も1割ぐらいしかしていなかったのに、夕方頃突然出血があった。

鮮血ではなかったものの、本来妊娠中期は出血があるべきものではない。

 

ここは病院ではない。日中なのでこへさんもいない。お腹の子を守れるのは私だけ…!

動揺する心を無理やり落ち着かせながら、病院に連絡し、タクシーで向かった。

 

病院に着くと、分娩室に入らされ、お腹に張りの時間を測定する機械をつけられた。張りが強くなると、計測している針の山が大きくなって記録される。

 

これまで、私はイマイチお腹の張りというものがよくわからなかった。1時間に2〜3回ほどは張りがあってもおかしくないらしい。胎動は日毎に大きくなっていたが、ちょっと痛くなった時などは、ああ今動いたからだなーくらいに思っていたし、妊婦のお腹はこんなもんなのだと考えていた。

 

ところが、その計測器によってきちんと測ったところ、私のお腹は張りまくっており、その間隔は分娩の時並みですよ!と看護師さんに怒られた。29にもなって、大人に怒られるなんて…。

 

内診の結果は特に異常なく、子宮口も閉じていたので、今すぐどうこうという感じではないらしい。

薬を飲んでから張りの様子をまた計測して、数字が上がってる時が「張り」なんだなと分かったけれども、自分自身ではやっぱりイマイチよく分からない…。

自分で張りが分からなければ、入院だよと脅された(?)ので「なんとなーくこれかなってわかりました!」と慌てて返事をして逃げ帰ってきた。もう入院なんてまっぴらごめん。

 

張り止めの薬(ルテオニン)を2週間分処方されたものの、この薬の副作用がまた辛いのなんのって。

まず心臓がとんでもなくばっくばくになる。ただのバクバクじゃない。ばっくばく。全力疾走した後のばっくばくの感じに似ている。全力疾走のばっくばくは5分もすれば落ち着くけど、こいつは1時間以上その感じが続く。そりゃもう、死ぬんじゃないかって思わせるくらい。

それから、力が入らなくなって手が震えまくる。痙攣なんてレベルじゃない。スマホも持てない。もう、布団の中でうずくまるしかなかった。薬を飲むのを何度辞めようと思ったことか。お腹の中の赤ちゃんに何かあってはいけないと、その一心だけで飲み続けた。これだから薬キライ。

 

後で調べて分かったことだが、張り止めの薬はいくつか種類があるみたい。どれを飲んでも副作用は同じのようだが…。