読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君のカラメル的愛情論

アラサージャニヲタが新米ママになりました。

妊娠初期④〜切迫流産

妊娠14週を迎え、一般的につわりのピークが過ぎて楽になってくると言われる頃。(私には楽になる兆しは全くなかったが、それでも吐く回数は1日2回程度に減ってきた。十分辛い)

 

それは突然のことだった。

 

深夜、トイレに行って下着を降ろすと鮮血が広がっていた。

 

え、なに…?

 

動揺しながらも、用をたす。毎回量を計らないといけないので、カップに尿を出す。

真っ赤。

 

パニックになりながら、ナースコールを押した。つわりが辛くて、妊娠初期症状について色んなネット記事を読んでいたから怖くなった。初期の鮮血は絶対に良くないはず。もう涙目だった。

 

深夜だったこともあり、とにかくその時は絶対安静。トイレと食事以外は動いてはいけない指令。その日はそれから一睡も出来なかった。一刻も早く診てもらいたかったのだが、診察は2日後になった。

 

翌日、鮮血は治まってきたかのように思えた。生理のように真っ赤だった血は、茶色に変化していた。でもまだ安心出来ない。出血していることには間違いないのだから。気が気ではなかった。僅かな食欲もついに全くなくなり、体重は妊娠前から5kgも落ちていた。

 

明日になれば診察してもらえる。震えながら1日を待った。でも、マイナスなことばかり考えてしまう。何がだめだったんだろう頭の中をぐるぐるする。

 

多分、心と身体は直結していて、私のこの心理的ストレスも良くなかったのだと思う。この日の夜、再度鮮血があった。

 

もう、パニックの極み。ああ、もうダメなんだろうな。同室の人に迷惑がかからないように声を殺して深夜泣いた。看護師さんは、大丈夫だよって言ってくれたけど何を根拠にそんなこと言ってくれるのか、と全く安心出来なかった。精神的にボロボロだった。心配したこへさんが時間休をとって、翌日の診察に着いてきてくれることになった。

 

内診台に登るステップを上がる足が震える。今まで生きてきた中で何よりも怖かった。

先生が「赤ちゃん、大丈夫だよ。ちゃんと生きているよ」と言ってカーテンを開けてモニターを見せてくれた。小さな命が動いている。私は人目も憚らず泣いた。

内診が終わると診察室に呼ばれるのだが、内診室は男性立ち入り禁止のため、こへさんは外で待っていた。

内診室から出てきた私は何も言わずに大号泣していた為、こへさんは「ああダメだったのか」と思ったらしい。診察室で一緒に先生から話を聞いたときにヘナヘナしていた。部屋を出てから「(私の涙が)ややこしい!」と呆れられたが心底ホッとしていたようだ。

 

この日から私は「悪阻」に加え「切迫流産」患者に切り替わった。切迫流産とは、流産と名がつくものの、流産になった訳ではない。あくまで流産しかかっている(初期に出血がある)が、心拍が確認されている状態を指す。きちんと対処すれば、高い確率で十分妊娠の継続が可能になる。

 

切迫流産の治療法として、毎日24時間点滴になった。つわりの8時間点滴だけでも苦しかったのに、これがまたとんでもなく辛かった。

ただでさえつわりの点滴で頑張っていた血管が悲鳴をあげていた。1本で4日もたせる針を1日で4回刺し直すことなんてザラだった。看護師さん泣かせで、何人もの看護師さんが入れ替わり立ち替わり私の腕を刺していく。腕は注射の跡だらけで青白く、元々痩せ型だった腕は更に細くなりさながらゾンビのようだった。

なかなか入らない腕に何度も挑戦してくれる看護師さんに申し訳ないのと、とにかく痛いので、耐えられなくなって泣いた日もあった。もちろんつわりだってまだ終わらない。吐きながら点滴はしなくちゃいけなくて、なぜこんな思いをしなければならないのか、なぜ私は他にいる大勢の妊婦のように元気な妊婦になれなかったのかと責めた。そのうち、腕の血管が入らなくなり、手の甲や指、小指の横などからも打った(腕とは比べ物にならないくらい痛くて、私は打つ際に叫ばずにはいられなかった)

 

正直、しにたいと思ったし、しんだら楽になれる…と考えた。でも、こんな状態でも赤ちゃんは生きている。生きようとしている。毎日、自分の中で葛藤と戦っていた。家族以外には見せられない姿だった。

 

入院中、トータル100回以上は刺したはずだ。もうこの先一生注射したくないと思った。(そういう訳にもいかないんだけどさ)